Doom II: Hell on Earth

Updated
[60FPS] DOOM 2 (1994) LONGPLAY
PC
『Doom II: Hell on Earth』(ドゥームツー ヘル オン アース)はid Softwareが開発したファーストパーソンシューティングゲーム。本作は1994年にMS-DOS用ソフトとして発売されたのち、1995年にMacintosh版が発売されたほか、21の新ステージの拡張パック『Master Levels for Doom II』が1995年12月26日に発売された。 日本語 WIkipedia『Doom II』より引用(https://ja.wikipedia.org/wiki/Doom_II)

ユーザーレビュー

1 review
総合評価
 
3.7
グラフィックス
 
4.0(1)
サウンド
 
3.0(1)
ストーリー
 
3.0(1)
難易度の適切さ
 
5.0(1)
操作性
 
4.0(1)
新規性
 
3.0(1)
完成度
 
N/A(0)
基本的には前作の踏襲
(Updated: 2020年 7月 05日)
総合評価
 
3.7
グラフィックス
 
4.0
サウンド
 
3.0
ストーリー
 
3.0
難易度の適切さ
 
5.0
操作性
 
4.0
新規性
 
3.0
完成度
 
N/A
評価については94年基準で実施.
システムは前作と同様だがマップが広くデーモンの数が増えているのが特徴.
グラフィックに関しては94年ではまだ第一線と考えて良いと思う.
しかし,前作からの進歩はなく,同年にスーパードンキーコング等が発売されていることを考え評価については4とした.
サウンドも同様だが,スーパーファミコンのタイトルにはプラットフォームの違いによりハードウェア的に叶わないこと,前作からの大きな変化はないこと,の2点で3とした.ストーリーに関してはその時代の他のシューティング(FPSに限定しない)と同様に雰囲気として存在しているようなものなので,低いとも高いとも考えず3としている.
レベルデザインについてはマップの拡張やデーモンの追加により,奥行きと多様な環境を感じさせることに成功しており,飽きることなく楽しめる,程よい難易度が提供されている.この点については同時代のゲームからも抜きんでているのではないだろうか.一方で行き詰った際の誘導などは前作同様一切ないため,この点を差し引いて評価は4.5くらいであるが切り上げして5と評価した.
操作性については前作と同様である.実質2Dの移動なのでそこで問題は生じない.
また,システムそのものは前作と同様であることから新規性については3である.
このレビューを報告 コメント (0) | このレビューは役に立ちましたか? 0 0
© 2022 GameDX.net