注目 

2017年にクリアーしたゲーム紹介

今回は2017年に私がクリアーしたゲームの話です。

2017年は以下の45本(一部DLCを一本と数えてます)のソフトをクリアーしました。

Xbox one
ドラゴンエイジインクイジション、カオスチャイルド、DOOM、ドラゴンボールゼノース、アウトラスト、剣の街の異邦人、マフィア3、Forza6、ヒットマンファースト、FH3、ウィッチャー3のDLC2つ、Prey、Forza7、アサシンクリードオリジンズ、バイオ7、忍者ピザガール

Xbox360
アスラズラース、ギンガフォース、ガトリングギア、ドラゴンエイジオリジンズ、ダート3、ブルードラゴン、バレットウィッチ、ペグル

PS4
アンチャーテッド、Beyond、FF10HD

Switch
1945、ブレイブダンジョン、ゼルダBOW、ゼノブレイド2

Wii
ゼノブレイド、スーパードンキーコングリターンズ、朧村正

スーパーファミコン
クロノトリガー、スーパードンキーコング、マダラ2、パネルでポン、まじかるたるるーとくん

PSP
スパロボZ破界篇

全部紹介したいところです、そうもいかないので一部を紹介します。

・DRPG編
「剣の街の異邦人」
私が初めて遊んだ本格的なDRPGです。
高評価なのは知っていましたが、難しそうなので敬遠していました。
DRPGと言えば、FCのウィザードリィ、SFCのトルネコ、風来のシレン、など有名な作品は結構あるのですが、私はどれも遊んだことがありません。
触れたことのないジャンルはどうしても敷居が高く感じてしまいます。
その敷居を飛び越えるきっかけをくれたのはツイッターでした。
箱ワン版発売当時、TLには剣街の文字が溢れていました。
愛のこもったたくさんの呟きに後押しされ、そんなに面白いなら買おう。
と購入に至りました。

始めてみて吃驚。
物語開始早々、主人公が死にます(もちろんすぐ復活します)。
その後も常にパーティーの誰かが死んでいる状態が続きました。
パーティメンバーは最大16人。
戦闘に参加するのは前衛3人、後衛3人の合計6人。
死ぬと蘇生には時間が掛かるので、常にメンバーを入れ替えながら進めていきます。
メンバー編成が常に変化するというのはこのゲームの大きな特徴だと思います。

もう一つの特徴が宝箱堀り、です。
ダンジョンに潜って宝箱を掘る、これを何度も何度も繰り返します。
良い武器が出れば1軍に装備させ、ほどほどの武器なら2軍に装備させます。
職業やパラメーターによって装備出来る武器が違うので、ここでもメンバー編成に頭を悩ませます。そして、またこれが本当に楽しいのです。

遊ぶ前は期待していなかったのですが、物語そのものもとっても素敵でした。
王道的ですが、余分なものがなものがなく綺麗にまとまっています。
壮大かつ物悲しい音楽がその物語をさらに盛り上げてくれます。
UI周りも使いやすく、ストレスなくゲームに集中できました。
DRPGで遊んだことがなかった私を一気に虜にしたゲーム。
それが剣の街の異邦人です。

・箱ワンX感動編
アサクリオリジンズ
幸運にも発売日に箱ワンXが購入出来るとわかってから、購入を決めたソフトです。
もちろん、4K, HDRの世界を体験するためです。
最初の感想は眩しいでした。
夜でも眩しい。
HDRってこんなに眩しいの?って思ったら、私がゲーム内の明るさ設定を明るくしすぎていただけでした。
HDR非対応のゲームなら問題ないんですが、HDR対応だと眩しすぎるんです。
適正な設定でHDRを体験してみると、朝日、夕暮れの表現、花畑などの色合い豊かな背景、こういったものが格段に綺麗になっていると感じました。
しばらく前からゲーム内で朝日、夕日を見てぼっーとすることはありましたが、HDRはこの楽しみをさらに豊かにしてくれました。
次は4Kの感想です。
凄いと思ったのは、衣服の生地の柔らかさを感じられたことです。
逆に、ワニの皮膚なんかはきちんと堅そうに見えました。
物の質感。柔らかい、硬いをゲームの映像から感じられたことに驚きました。

4K、HDR抜きにしてもこのゲームは物凄く面白かったです。
実はアサクリシリーズをまともに遊んだことがなくて、このゲームが初のクリアー作品になりました。
内容的にはウィッチャーとファークライを足して2で割ったようなゲームだと思いました。
レベルの概念が色濃くて、スキルツリーがあって、ロープレみたいです。
サブクエにも人情があって、人の生活や匂いがして、そういうところはウィッチャーみたいです。
ファークライっぽいのは動物観察ごっこが出来るからです。
カバとかワニとかラクダとか。いろいろ観察できます。

・難しかった編
パネルでポン

 SFCの落ち物パズルゲームです。

発売当時は全く遊んだことがなく、ミニSFC版で初めて遊びました。
パズルゲームは比較的得意なので、余裕でクリアーできると思ったら大変でした。
どこでもセーブを使って、なお大変でした。
このゲームはステージ制で、最終ステージまではわりと余裕があったのですが、そこからが大変。
難しい、物凄く難しい。
クリアーのコツは連続消しなのですが、これが難しい。
連続消しを実行するには並びを把握する必要があります。
しかし、ブロックの並びを把握するためにブロックを眺める時間がない。
それどころか、手が止まるとあっという間にブロックが上まで積みあがってしまう。
どこでもセーブの力を借りながらなんとかラスボスまで到達しました。

このラスボスが異様に強い。
おかまっぽい風貌のくせに、めちゃんこ強い。
連続消し・複数同時消し、じゃないとダメージが与えられない。
しかし、連続消しを狙う余裕が全然ない。
ラスボス戦だけで3時間以上プレイ(1回死ぬのに早いと15秒)。
何度も何度も心が折れて、クリアーできないのかな?と何度も思いました。
それでもおじさんゲーマーの維持を見せて、なんとかクリアーしました。

まだもう少し紹介したいと思いますが、長くなってきたので一旦ここで区切りたいと思います。
時にはクリアーしたゲームに思いを馳せるのも楽しいものです。
皆様が素敵なゲームライフを遅れることを祈って。

あみやまでございました。
3月発売、ゲームソフトたちの集い。
真・女神転生ⅤがPS4で出ない理由

関連する投稿

 

コメント (3)

  1. mit

Amiyamaさん、2017年かなりプレイしましたね!
HDRも4Kも経験したことがまだないのですが、ゲームの夕日かなり好きなので興味が湧きました。
オープンワールド系のゲームはビジュアル的にも楽しさが変わってきそうですね!

2018年は自分もクリアしたゲーム記録していきたいと思います!

  Attachments
 
  1. amiyama

コメントありがとうございます^^。

2017年もたくさんのゲームで遊べて幸せでした。
4K, HDRも体験出来たし、ゲームの進化を感じられた1年でした。
朝日、夕日は本当に綺麗なので機会があればぜひ体感してもらいたいと思います。

ゲーム記録はつけてみると、後で見返したときに結構面白いのでお勧めです。
当時のことをいろいろ思い出したりできますしね。

  Attachments
 
  1. taka3

はじめまして、taka3です。
Amiyamaさんの記事を読ませていただきました。
ハードを問わず最新作から古い名作までカバーしていて驚嘆です。
>>ゲーム内で朝日、夕日を見てぼっーとすることはありましたが
は、自分もよくやるので共感できました。自分はそれに加え、
スクショと組み合わせての風景撮影気分を味わったりもします。
自分も早くHDR+4K環境を構築したいです。

  Attachments
 
まだコメントがありません。

コメントをここに書いてください。

現在あなたはゲストです。 アカウントを作成 するか ログイン すればあなたのアカウントで投稿できます。
Attachments (0 / 3)
Share Your Location

ブログ記事投稿

ブログ検索

ブログカテゴリー

最新コメント

そうですね。スパロボにはブレイクスルーが求められているというのは感...
投稿お疲れ様です。 ソシャゲの販売形式については結構前から思うところ...
投稿お疲れ様です! スパロボみたいな有名タイトルの衰退は悲しいものが...
yuba posted a comment in 湯葉の雑記 #1
ぶ、ブロック。かばー…… が、ガンバリマッ!
難易度落としてやると良いかもです。 自分もいつも普通かそれより下の難

カレンダー

しばらくお待ちください、カレンダーを描画中です