注目 

GameNote:Fortniteは今までのプレイヤースキルをぶち壊した

Fortnite

 Forniteでは今まで培ったシューターの感があまり活かされないゲームだった。

だから、つまらない。という話ではなく、だからこそ面白い!という話をしたいと思います。


■今までのFPS・TPSで得た経験

私が今までに得たスキルや経験の半分程度しか使いきれてないのではないか。という感覚に陥っております。

そもそも、今までのFPS・TPSで得た経験がどんなものだったか振り返ってみると、定められた固定マップ内でどのエリアに敵が何割いて、外周から攻めるか、内周から攻めるか、相手の武器がアサルトだったら室内でショットガンを使うだとか、裏取するためにはこっちのルートを通るだとか、可能性探索の要素が強かったように思えます。(HALOやCoDを中心にプレイして来たのが顕著に現れた経験値)

※物理的な探索(スニーキング)ではなく、可能性を考えるという意味合いです。


 ただし、先ほども書いたようにFortniteではこの経験値を使いこなすことが出来ません。なぜなら、この探索方法はリスポンが前提となる探索方法であり、探索の過程で必ずしも死なないとは断定する事ができないからです。

Fortniteは1回でも死んではいけない、死ぬことはゲームから去る事を示しているので、絶対的な自信をもって「大丈夫!」と思えないと身動きが取れないパターンがあり、同種のゲームといえ膨大な行動パターンの分岐を想定する必要があり、それを実行に移すのは容易でないでしょう。。

この点については新たな経験値を得た上での行動が必要となるため、それなりの試行回数が必要になると思っています。


■経験値の貯め方が問われる

​もちろん、人によっては経験的な面で負荷を感じない人がいるはずで、半数程がそう思っているでしょう。なぜなら、旧来のFPS・TPSでのルール達成方法は二極化しているからです。

先述した可能性の探索部分で、敵陣に飛び込んで状況を判断するタイプ死なずに遠くから観察するタイプに分かれるからです。私個人のイメージでいえば後者には『芋』と呼ばれる人たちが分類されています。今までのFPS・TPSではそういった人たちは嫌われる対象でもあり、運営やゲームデザインを考えたときに淘汰するための動きはかなりありました。

ちなみに、有名ゲーマーは前者の索敵手段が目立っています。理由は単純で、彼らは並外れたエイム力と判断力を兼ね備えているからです。後者のように時間をかけて死なないプレイをする必要はなく、エイム力で相手を圧倒し自分の死を免れる事ができます。

また、並外れた判断力で武の悪い戦いはあえて避ける傾向にあります。Youtuberの弟者さんの動画で気付かされたのですが、ゲーム全体としての経験値を持っているプレイヤーは、探索的な死をもって学び、それ以降のデス数が急激に減少する傾向にあります。


■生き残れば勝ち

 Fortniteにおいては芋淘汰はありません。全員が潜伏して最後のサークルまでシールドやHP、弾数を温存しないといけないからです。芋を淘汰しようものなら、数々の武器の弱体化、威力減衰が急激に始まり、サークル外でのダメージ量が強化される事でしょう。

また、1デスで終わりのルールは今までにも数々ありましたが、広いスペースでいつ誰に見つかるかわからない状態を作り出したゲームはゾンビ系のゲームだけだったのではないでしょうか。BFシリーズなどは広大なマップを使って戦争の臨場感を演出しましたが、マップの武器や資材を収集する要素はありませんでした。。

この、限られた広大なマップから、プレイヤーにマップ探索を強制させる、物理的な阻害やプレイヤー間での監視させる、時間によってマップ制限をきつくしていく、つまりはプレイヤー接触機会を急激に増加させる。この流れるようなレベル上昇は本当にユニークで面白いです。

プレイヤーへの負荷の掛け方を微量に上げていくことで、生き残れば勝ちという気持ちを最大限に引きだしていると思います。(この手法に名称はあるのでしょうか??


■新しいレベルデザイン(いつか多めのゲームノートを書きたい部分)


新たなレベルデザインによってFortniteは今までのプレイヤースキルをぶち壊し、プレイヤーの生存本能に任せた戦い方をうまく提案することができています。プレイヤーの初期配置が決まっていないので定石なんてものはなく、突撃するか控えるかはプレイヤーの感情コントロール次第、弱気になって芋っても批判対象にならない、とても素晴らしいゲームです。 


ここまで来て「PUBGで散々出た話だろ」とか言われるかもしれませんが、申し訳ない。悲しい事にPUBGをやっていないのである。

一気にもてはやされた感があって、やっていないのである。

そう、取り残されていたのだ。悲しい事に、ゲームの波に乗れず取り残されたのだ。そこに関しては許していただきたい。


mit

久しぶりにスーパーロボット大戦をプレイして感じたこと
湯葉の雑記 #1

関連する投稿

 

コメント (0)

まだコメントがありません。

コメントをここに書いてください。

  1. 現在あなたはゲストです。 アカウントを作成 するか ログイン すればあなたのアカウントで投稿できます。
Attachments (0 / 3)
Share Your Location

ブログ記事投稿

ブログ検索

ブログカテゴリー

最新のコメント

amiyama さんがコメント イースⅧ -愛すべき漂流民ー
コメントありがとうございます! コンパクトにまとめられたいいなーと思...
mit さんがコメント イースⅧ -愛すべき漂流民ー
投稿お疲れ様です! 今回の紹介はかなり分厚いですね! イースは少し前...
mit さんがコメント ゲーム用PC購入
PC購入おめでとうございます! もしかして右にあるのはクッキークリッカ
MajorENZO さんがコメント ジャガーI−PACEを試乗しました
がんばって書きます
mit さんがコメント ジャガーI−PACEを試乗しました
めちゃかっこいい! けど、ゲーム系サイトだからゲーム画像と絡めて書い...

カレンダー

しばらくお待ちください、カレンダーを描画中です